About SC ASSET - SC Asset
You are viewing the site in "日本語" or you can choose to view the website. Continue

SC ASSETについて

毎日の ”Good Morning” のために

SC ASSETは、1995年の創業以来、タイを代表する不動産デベロッパーのひとつとして、80以上の住宅やタウンハウス、コンドミニアム、ホームオフィスを開発してきました。XX年以上にわたって積み重ねてきた豊富な経験を活かし、最初から最後まで徹底した、総括的サービスをご提供しています。 毎日の生活は、新しい朝からスタートします。私たちはその1日の始まりの良し悪しが成功への道をつくると信じています。SC Assetの物件に住むすべての方に “Good Morning (素敵な朝)” を提供したい。このビジョンを実現するべく、私たちは、品質やサービス、イノベーションへ強いこだわりをもって取り組んでいます。 SC Assetは、変化しつづけるお客様のニーズにお応えするために、高品質で革新的な “未来型住宅” の開発を目指しています。お客様が人生のどのステージにいても、ぴったりの住まいを見つけることができ、そこで ”Good Morning” を迎えられるのが私たちの願いです。

SC ASSETの歩み

SC ASSETの歩み


1995

省エネに特化した「Super Smart Building」というコンセプトで、Shinawatra Tower IIIの建設を開始。

省エネに特化した「Super Smart Building」というコンセプトで、Shinawatra Tower IIIの建設を開始。

2000

科学技術環境省エネルギー開発・推進部門主催のThe Outstanding Energy Conservation Contest of ASEAN 2000にてShinawatra Tower IIIが選出される。

科学技術環境省エネルギー開発・推進部門主催のThe Outstanding Energy Conservation Contest of ASEAN 2000にてShinawatra Tower IIIが選出される。

2002

事業を拡大し、テクノロジーと環境に重点をおいた住居物件の開発を開始。

事業を拡大し、テクノロジーと環境に重点をおいた住居物件の開発を開始。

2004

‘- 企業体制を改め、Asset Network Fundと3つの子会社、OAI Asset社、Upcountry Land社、V. Land Property社に出資。 – 登記資本金3.5億バーツでタイ証券取引所へ上場。

‘- 企業体制を改め、Asset Network Fundと3つの子会社、OAI Asset社、Upcountry Land社、V. Land Property社に出資。 – 登記資本金3.5億バーツでタイ証券取引所へ上場。

2007

– SC ASSET Corporationとして、お客様のライフスタイルのニーズに応えるブランドへ。タイの不動産業界で、存在感を高めるきっかけとなる。

– SC ASSET Corporationとして、お客様のライフスタイルのニーズに応えるブランドへ。タイの不動産業界で、存在感を高めるきっかけとなる。

2008

– 新規キャンペーン「New Series Home 2008」の中で2つの戸建住宅を開発。 – 「New Community(新しいコミュニティ)」をテーマとした、戸建住宅やタウンハウス、商業施設を融合した、新しいコンセプトの不動産「SC Community Petchkasem 81」を開発。

– 新規キャンペーン「New Series Home 2008」の中で2つの戸建住宅を開発。 – 「New Community(新しいコミュニティ)」をテーマとした、戸建住宅やタウンハウス、商業施設を融合した、新しいコンセプトの不動産「SC Community Petchkasem 81」を開発。

2009

‘- タイ投資家協会がおこなう、タイ公開企業の企業ガバナンス評価で「優秀」を取得。

‘- タイ投資家協会がおこなう、タイ公開企業の企業ガバナンス評価で「優秀」を取得。

2010

‘- 「Create Design, Inspired by Love(愛からインスピレーションを受けたデザインづくり)」というキャンペーンで、「Love and Care」をテーマにした12の新規プロジェクトを発表。

‘- 「Create Design, Inspired by Love(愛からインスピレーションを受けたデザインづくり)」というキャンペーンで、「Love and Care」をテーマにした12の新規プロジェクトを発表。

2012

数々の賞を受賞する。 ‘- タイ証券取引所とFinance and Banking誌共催の「SET Awards 2012」トップ・コーポレート・ガバナンス・レポート賞を受賞 – 株主のニーズを満たしていることが評価され、タイ投資家協会(TIA)よりインベスターズ・チョイス・アワーズを受賞 – BCI Asia Construction Information社とFutureArc誌共催の「BCI Asia Top 10 Developer Awards 2012」でトップ10デベロッパーズ・アワーズ2012を受賞 – Agency for Real Estate Affairs(AREA)とAgency for Real Estate Affairs社が授与するトップ・リアル・エステート・プロジェクト・アワーズ2012を高級戸建住宅部門で受賞

数々の賞を受賞する。 ‘- タイ証券取引所とFinance and Banking誌共催の「SET Awards 2012」トップ・コーポレート・ガバナンス・レポート賞を受賞 – 株主のニーズを満たしていることが評価され、タイ投資家協会(TIA)よりインベスターズ・チョイス・アワーズを受賞 – BCI Asia Construction Information社とFutureArc誌共催の「BCI Asia Top 10 Developer Awards 2012」でトップ10デベロッパーズ・アワーズ2012を受賞 – Agency for Real Estate Affairs(AREA)とAgency for Real Estate Affairs社が授与するトップ・リアル・エステート・プロジェクト・アワーズ2012を高級戸建住宅部門で受賞

2013

‘- 創業10周年を記念し「For Good Mornings(素敵な朝のために)」という新しいスローガンのもと、今後も変わらずお客様のニーズに応えてゆくという決意を掲げる。 – バンコクとパタヤの3つのエリアで、新たなコンドミニアム「Centric」を開発。

‘- 創業10周年を記念し「For Good Mornings(素敵な朝のために)」という新しいスローガンのもと、今後も変わらずお客様のニーズに応えてゆくという決意を掲げる。 – バンコクとパタヤの3つのエリアで、新たなコンドミニアム「Centric」を開発。

2014

‘- 4つ目のオフィスビル「SC Tower」をパホンヨーティン通りに開発。 – 居住者の交流の場として「Farm Rak」を開発。

‘- 4つ目のオフィスビル「SC Tower」をパホンヨーティン通りに開発。 – 居住者の交流の場として「Farm Rak」を開発。

2015

‘- 戦略的五ヵ年計画の一環として、コンドミニアムのシリーズ「Saladaeng One」と「Granada Pinklao-Phetkasem」で富裕層向け不動産開発に着手。戸建住宅として初めてのシリーズとなる「Pave Rangsit」も開発。 – 「Investment Analysts Association Awards」で不動産、建築材、下請企業部門のBest CEO賞およびBEST CFO賞を受賞。

‘- 戦略的五ヵ年計画の一環として、コンドミニアムのシリーズ「Saladaeng One」と「Granada Pinklao-Phetkasem」で富裕層向け不動産開発に着手。戸建住宅として初めてのシリーズとなる「Pave Rangsit」も開発。 – 「Investment Analysts Association Awards」で不動産、建築材、下請企業部門のBest CEO賞およびBEST CFO賞を受賞。

2016

‘- 「One Concept One Inspiration(ひとつのコンセプト、ひとつのインスピレーション)」をテーマに、新たな高級住宅のシリーズを開発。多世代に対応できるデザインに注力する。

‘- 「One Concept One Inspiration(ひとつのコンセプト、ひとつのインスピレーション)」をテーマに、新たな高級住宅のシリーズを開発。多世代に対応できるデザインに注力する。

2017

‘- 人を中心としたイノベーションを提供する4.0戦略の一環として、すべての住宅物件にサービスアプリ「Baan Ruejai」を取り入れる。 – 垣根のない社会を目指し、「For Good Mornings」のコンセプトに基づいた「Walk with Me」キャンペーンを開始。住民同士が交流し、長期的な関係を築くきっかけ作りを目指す。 – アフターサポートのための「SC Able」と、サービスアプリ「Fixzy」を開発。住民をより手厚くサポートする体制を整備。

‘- 人を中心としたイノベーションを提供する4.0戦略の一環として、すべての住宅物件にサービスアプリ「Baan Ruejai」を取り入れる。 – 垣根のない社会を目指し、「For Good Mornings」のコンセプトに基づいた「Walk with Me」キャンペーンを開始。住民同士が交流し、長期的な関係を築くきっかけ作りを目指す。 – アフターサポートのための「SC Able」と、サービスアプリ「Fixzy」を開発。住民をより手厚くサポートする体制を整備。

  1. 省エネに特化した「Super Smart Building」というコンセプトで、Shinawatra Tower IIIの建設を開始。

  2. 科学技術環境省エネルギー開発・推進部門主催のThe Outstanding Energy Conservation Contest of ASEAN 2000にてShinawatra Tower IIIが選出される。

  3. 事業を拡大し、テクノロジーと環境に重点をおいた住居物件の開発を開始。

  4. ‘- 企業体制を改め、Asset Network Fundと3つの子会社、OAI Asset社、Upcountry Land社、V. Land Property社に出資。 – 登記資本金3.5億バーツでタイ証券取引所へ上場。

  5. – SC ASSET Corporationとして、お客様のライフスタイルのニーズに応えるブランドへ。タイの不動産業界で、存在感を高めるきっかけとなる。

  6. – 新規キャンペーン「New Series Home 2008」の中で2つの戸建住宅を開発。 – 「New Community(新しいコミュニティ)」をテーマとした、戸建住宅やタウンハウス、商業施設を融合した、新しいコンセプトの不動産「SC Community Petchkasem 81」を開発。

  7. ‘- タイ投資家協会がおこなう、タイ公開企業の企業ガバナンス評価で「優秀」を取得。

  8. ‘- 「Create Design, Inspired by Love(愛からインスピレーションを受けたデザインづくり)」というキャンペーンで、「Love and Care」をテーマにした12の新規プロジェクトを発表。

  9. 数々の賞を受賞する。 ‘- タイ証券取引所とFinance and Banking誌共催の「SET Awards 2012」トップ・コーポレート・ガバナンス・レポート賞を受賞 – 株主のニーズを満たしていることが評価され、タイ投資家協会(TIA)よりインベスターズ・チョイス・アワーズを受賞 – BCI Asia Construction Information社とFutureArc誌共催の「BCI Asia Top 10 Developer Awards 2012」でトップ10デベロッパーズ・アワーズ2012を受賞 – Agency for Real Estate Affairs(AREA)とAgency for Real Estate Affairs社が授与するトップ・リアル・エステート・プロジェクト・アワーズ2012を高級戸建住宅部門で受賞

  10. ‘- 創業10周年を記念し「For Good Mornings(素敵な朝のために)」という新しいスローガンのもと、今後も変わらずお客様のニーズに応えてゆくという決意を掲げる。 – バンコクとパタヤの3つのエリアで、新たなコンドミニアム「Centric」を開発。

  11. ‘- 4つ目のオフィスビル「SC Tower」をパホンヨーティン通りに開発。 – 居住者の交流の場として「Farm Rak」を開発。

  12. ‘- 戦略的五ヵ年計画の一環として、コンドミニアムのシリーズ「Saladaeng One」と「Granada Pinklao-Phetkasem」で富裕層向け不動産開発に着手。戸建住宅として初めてのシリーズとなる「Pave Rangsit」も開発。 – 「Investment Analysts Association Awards」で不動産、建築材、下請企業部門のBest CEO賞およびBEST CFO賞を受賞。

  13. ‘- 「One Concept One Inspiration(ひとつのコンセプト、ひとつのインスピレーション)」をテーマに、新たな高級住宅のシリーズを開発。多世代に対応できるデザインに注力する。

  14. ‘- 人を中心としたイノベーションを提供する4.0戦略の一環として、すべての住宅物件にサービスアプリ「Baan Ruejai」を取り入れる。 – 垣根のない社会を目指し、「For Good Mornings」のコンセプトに基づいた「Walk with Me」キャンペーンを開始。住民同士が交流し、長期的な関係を築くきっかけ作りを目指す。 – アフターサポートのための「SC Able」と、サービスアプリ「Fixzy」を開発。住民をより手厚くサポートする体制を整備。

企業プロフィール

企業プロフィール


私達は、絶え間なく進化するお客様の生活ニーズに合わせたソリューションをご提案し、未来を見据えた、高品質で革新的な住宅をご提供できるよう努めています。 left code left code
投資家情報

投資家情報


変化しつづけるお客様のニーズにお応えするために、高品質で革新的な “未来型住宅” の開発を目指しています。

受賞歴

受賞歴


SC ASSETは、おかげさまで、これまで数多くの賞をいただいてまいりました。
子会社

子会社


Thank you for contacting us, we will get back to you as soon as we can.

Personal Data Protection Act terms & conditions

Please check the box to proceed.
個人情報収集の目的

当社は以下の目的で個人情報を収集、処理または使用します:

当社の商品やサービスに関するさまざまな情報の提供、および顧客が関心を持つ可能性のあるプロジェクト情報の提供。

当社のマーケティング計画の作成、そして、商品やサービスの分析、手続き、開発、改善。

当社の商品やサービスに関連する第三者または業務提携会社への情報の提供。

プライバシーポリシー

このポリシーは、顧客が、ウェブサイトやモバイルアプリ、ソーシャルメディア等(「プラットフォーム」と記載)への訪問によって、オンラインまたはオフラインにて SC ASSET Corporation Public Company Limited およびその関連会社(「当社」と記載)に提示された顧客の個人情報を保護するためのものとし、顧客は以下のような、当社やそのビジネスパートナーの商品およびサービスを検索、訪問、使用することができます :

コンドミニアムのような住宅プロジェクトや一戸建住宅、タウンハウス、商業ビルおよびその他のプロジェクト。

SC Assetによるアプリ「Baan RueJai」

商品やサービスに関するニュースやプロモーションの発信。

商品およびサービスに関するあらゆる操作。

こちらのウェブサイトを閲覧する前に、個人情報保護に関する利用規約とプライバシーポリシーをご確認ください。これらの利用規約とプライバシーポリシーに同意しない場合は、当ウェブサイトの閲覧を直ちに停止してください。ウェブサイトの閲覧を継続される場合、利用規約とプライバシーポリシーに同意されたものとします。当社の個人情報保護は以下の通りとさせていただきます:

定義

「個人情報」とは、直接的または間接的に個人を識別できるような情報を意味します。

「クッキー(Cookie)」とは、ウェブサイトを閲覧している際に、そのウェブサイト側から閲覧者のコンピューターに送信される情報を意味します。

2. 個人情報の収集

2.1 直接または間接的に当社が受取った、以下のような個人情報を収集します :

氏名、性別、年齢、国籍、生年月日、婚姻状況、住所、職業、勤務先、郵便番号、メールアドレス、電話番号、クレジットカード情報、個人所得、運転している車等の個人情報。

商品やサービス、趣味、ソーシャルネットワーキング活動、スポーツ、旅行等の個人の興味に関する情報。

商品の購入理由や選択した住居地、予算、目的、比較に使用した他の商品、コメント、製品やサービスに関するサイトの閲覧情報等、商品やサービスの選択決定に関する情報。

ウェブサイトの閲覧中に、閲覧者の場所を特定する情報。GPSシステムを有効にしていると、当社の位置情報の収集と処理に同意したことになります。もし、この情報を隠したい場合は、専用プログラムをインストールするか、携帯電話のGPSをオフにしてください。

ウェブサイトにおける情報検索行動として、クッキー(Cookie)を使用することで、当社は以下のような情報を収集しています:

  • IPアドレス
  • 閲覧に使用したブラウザ
  • 訪問したページ
  • 閲覧時間
  • 当社のウェブサイトを参照するウェブサイト

当社には、必要情報が提供されますが、以下のように法律で規定されている個人情報に関しては、当社側で無断で処理できるものとします :

法律に準ずる情報、契約の履行のために提供される情報、または法律で規定されているその他の情報。閲覧者が個人情報提供を拒否すると、当社は、閲覧者の要求に沿った、または当社が通知した手続きを完了できなかったり、適用法に基づくその他の結果を招く場合があります。

当社の活動等の写真の収集など、法的利益のために必要な情報。

事前同意が必要なその他の個人情報。

2.2 当社は、必要に応じて、または収集目的で、法律に準じて個人情報を収集します。ただし、当社は収集してた情報を匿名化する場合があります。

当社の運営ではないウェブサイトや広告にアクセスした場合、個人情報に関するプライバシーポリシーは、その外部ウェブサイトのものが適応され、当社は責任を負わないものとします。

2.3 個人情報の収集方法

電子手段、文書または口頭等、当社のチャンネルを通じ、状況に応じて。

または、個人プロファイルやエージェントの作成を目的として、Facebook、Instagram、Twitter、Tiktok、Line等、当社のビジネスパートナーや、他のサービスプロバイダーのチャネルを通じて。

2.4 子供

当社は、法律で定められた年齢(「年齢制限」と記載)未満の子供の個人情報を収集する意図はありません。閲覧者が年齢制限に満たない場合は、当社のサービスを利用したり、個人情報を提供しないでください。

年齢制限未満の子供の保護者が、子供が当社に個人情報を提供していることに気づいた場合は、当社までご連絡ください。代わりに権利の行使要請をすることができます。

たとえ当社のサービスや商品を受取る必要があっても、閲覧者が年齢制限に満たない子供の場合、その個人情報の提供については、保護者の同意が必要となります。

3. 個人情報の収集・利用・開示の目的

  • 3.1 閲覧者が要求するサービスを提供するため、例えば、新着情報やプロモーションを知るためにニュースレターの購読をした場合、当社は、氏名やメールアドレス、電話番号といった基本情報のみを保管・使用し、閲覧者がオンライン予約をする場合は、予約文書の作成に必要な情報を保管・使用します。
  • 3.2 ウェブサイトのパフォーマンス改善やマーケティング計画の作成、データの使用状況の分析、サービスのパフォーマンス評価、当社商品やサービスの改善および開発のため。
  • 3.3 当社や関連会社の商品とサービスに関連する特典やプロモーション情報を提供するため。または、個人情報保護に関するプライバシーポリシーに変更があった場合の通知のため。
  • 3.4 閲覧者自身の、または当社が利用する外部サービスとの契約に準拠するため。例えば、当社が第三者である位置情報サービスを利用することで、閲覧者の位置情報を共有している場合等。
  • 3.5 生命の損失や、人体や健康への損害を防止または中止する等の目的で法的措置を追求するため。あるいは、閲覧者の権利と自由の保護において、適切な手段を提供する教育研究または統計のため。
  • 3.6 個人情報の収集時に通知されたその他の目的、または上記の目的に関連するその他の目的のため。
  • 3.7 上記の目的以外に、当社内部で、もしくは契約関係者や、法律、政府当局、監督機関によって、または閲覧者自身の同意を得て、情報開示する必要がない限り、当社がこれらを使用または開示することはありません。

4. 個人情報を受領する可能性のある者

4.1 当社、当社のビジネスパートナー、または関連会社の従業員。

4.2 当社の商品およびサービスの販売・提供をする権限を与えられた代理店。代理人またはそこで雇われた人物も含む。

4.3 当社の商品やサービスを顧客に繋ぐ手配をしたり、マーケティング活動の実施や当社情報の提供、あるいは、支払い方法や書類管理システム、技術開発、書類の配達、調査といった、当社商品やサービスの開発を行う、その他の人物や代理人、またはその代理人に雇われた人物。

4.4 政府機関や監督機関、または、当社に関する法律や規制、命令、もしくは当社と政府機関やその他人物との合意に従って、情報を開示する必要がある人物。

5 情報セキュリティ

  • 5.1 当社は、情報の暗号化やファイアウォールなど、インターネット経由で送信される情報を保護するための標準的なセキュリティであるSSL(Secure Socket Layer)を使用しています。Secured Socket Layer(SSL)は、暗号化された情報にアクセスし、情報がインターネット経由で送信されている間にスニッファーに盗聴されるのを防止する技術です。情報の暗号化により、スニファーは情報の意味を理解できなくなるのです。この技術は、ウェブサイト自体が存在するかの確認にも使用されます。
    当社は、定期的な技術更新およびテストにより、個人情報が安全で、信頼できるものであるかどうかの確認を行います。当社は、より高水準で効率的な情報保護ができると判断した場合、セキュリティツールを変更する権利を有します。
  • 5.2 当社が、システムの開発・維持や、リソースまたはサービスの割り当てを当社に代わって行うよう第三者に依頼した場合、当社にサービスを提供する、または当社に代わってサービスを提供する第三者の担当者が、個人情報の保持に同意する必要があります。

6. 所有者の権利

  • 6.1 個人情報の所有者自身や他の人物の権利を保護する目的である場合、あるいは法律や裁判所命令、または法律によって要求されるその他事例の規定に反するか、矛盾する場合を除き、所有者には、自身の個人情報にアクセスしたり、当社に提供され、その管理下にある関連情報をコピーしたり、または所有者が同意しない個人情報の開示要求をする権利があります。
  • 6.2 所有者は、自身の個人情報が使用されること、または同意済みの個人情報の開示を解消することができます。
    解消後、当社は、最大限の、あるいは当社の規定通りのサービスを提供できない場合があります。ただし、当社が個人情報を他の目的に使用しないという条件で、所有者に提供したサービスの検証や、法的措置を取る目的で、情報を収集する場合があります。
  • 6.3 当社が、法律での規定通りに個人情報を保持していない場合、個人情報の破棄や削除、使用の一時停止、または匿名化を当社に要求することができます。
  • 6.4 いかなる理由であれ、個人情報を改訂する権利や使用を解消する権利、個人情報の処理に反対する権利等、法律に基づくその他の権利があります。
  • 6.5 所有者は、電話番号1749からコールセンターを通じて、上記権利を行使することができます。その場合、当社は、申し立てを受理した日から30日以内に結果を検討して通知します。

7. マーケティング活動とプロモーション活動

当社が、商品やサービス、または関心を引きそうな活動に関するものを含む、マーケティング活動やプロモーション活動の関連情報を発信した際、そのような情報の受取りに同意したものの、受取りを解消したい場合は、電話番号1749からコールセンターにご連絡ください。

8. 個人情報守秘義務の例外

以下の行為は、プライバシーポリシーの違反とは見なされません :

  • 8.1 当社に提供された時点より前に既に公に開示されていた個人情報、あるいは当社や関連会社以外の責任で公に開示された個人情報に対する行い。
  • 8.2 個人情報所有者が書面で同意、またはその他の手段によって許可した情報の開示。
  • 8.3 法律や命令、規則、条例、裁判所命令、政府機関、またはその他の必要性に応じた情報の開示

9. 個人情報の保持

当社は、このプライバシーポリシーに記載されている目的を達成するのに必要な期間のみ、個人情報を保持します。

10. 個人情報保護のためのプライバシーポリシー変更 / 当社への問い合わせ

  • 10.1 当社は、個人情報保護のためのプライバシーポリシーの一部または全体を変更あるいは更新することがあります。変更のある場合、当社は個人情報保護のためのプライバシーポリシーをウェブサイト上で更新します。
  • 10.2 ユーザーは個人情報保護のためのプライバシーポリシーについて、「お問い合わせ」ページより意見表明することができます。ただし、ユーザーは、裁量権が当社側にあることに同意します。
先頭に戻る
  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。